除毛クリームの基本

除毛クリームでのお肌トラブルを避けるために必須な「あること」とは?

投稿日:

除毛クリームはしっかり洗い流して
ムダ毛の処理をすることは大変です。カミソリなどを使う人もいますが、ドラッグストアで手軽に手に入る除毛クリームならばムダ毛を溶かしてしまうので、楽に処理できます。自分のムダ毛が柔らかくなって拭き取るだけで良いので面白いと思うかもしれません。

問題は、ムダ毛を溶かすことができるくらい強い成分が入っていることです。敏感肌の人は特に気をつけて使用しましょう。これだけ強い成分が入っていますから、使い終わった後は肌に残らないようにしてください。肌に残ってしまうと肌が赤くなったりかゆみや痛みが生じる恐れがあります。

そのように、痒みや痛みをさけ、除毛後もお肌を健やかに保つために、除毛後の「あること」がとても重要なのです。

敏感肌OKと書いてあっても油断しない

除毛クリームには、いろいろな種類があり、敏感肌用と書いてあるタイプであっても油断しないでください。肌を覆うくらいの厚さに塗って、パッケージに書いてある通りに使います。大抵十分前後ですので、これは守ってください。長く置いて起きたくなるかもしれませんし、いつの間にか長く置いてしまうことが無いようにしましょう。

除毛クリームはお風呂で体を洗った後に使います。お風呂場で使うことになることが多いはずです。ムダ毛が柔らかくなっていますし、処理もしやすいのでお風呂場で処理している人はたくさんいます。お風呂の中に時計があれば良いですが、ないと困るので防水タイプやビニール袋に包むなどして時計を用意します。

時間が経ったら付属のヘラやスポンジなどで落としてください。お湯でしっかりと洗い流します。特に専用リムーバーなどが付いているわけではないですが、お湯で十分洗い流せます。

【あること】とは除毛クリームをしっかり洗い流すことです

この時の肌はとても敏感です。洗い流しても敏感ですから、塗った場所を触って除毛クリームがついていないことをしっかりと確かめましょう。ヌルヌルする場所があれば、もう一度お湯でしっかりと流します。全く肌に残らないように念入りに確認した方が良いです。

敏感肌用でない場合は余計に気をつけなくてはなりません。使用前にパッチテストを行うなどして問題ないことをチェックしましょう。それでも、使用後に肌に残ると危険です。

除毛クリームの成分は強い!と思って

美容成分が入っているとは言え、ムダ毛を溶かすほど強い成分も入っていることを忘れないようにしてください。

ムダ毛がツルツルになった時点で気が抜けることも考えられます。露出の多い季節には、除毛クリームの出番も多くなるはずです。毎日使わない方が良いほど刺激があるので、正しい方法で使ってください。正しく使えば肌荒れしなくて済みますし、肌もムダ毛のないツルツル状態になります。

-除毛クリームの基本
-, ,

Copyright© 除毛クリームのおすすめ!毛根から除毛でお肌に自信がよみがえる! , 2018 All Rights Reserved.